top of page

【蒸し通】未来の医療としての湯治  ~いのちを呼びさます場として湯治を再発見!~               講師:稲葉俊郎(医師・医学博士・作家)


温泉や湯治は未来の医療の場になります。

温泉は「いのち」と対話して自然治癒力を高める場として最適です。

誰かが病気を「治す」のではなく、地球といのちの力で「治る」のが未来の医療です。

温泉では意識と無意識が重なりあい、無意識にある「いのちの力」が高まります。

芸術や音楽も同じです。温泉・湯治場は祖先たちが大切に守ってきた養生の場であり、

「いのち」の観点から温泉の意義を今一度とらえなおしてみましょう。



**講師プロフィール**

稲葉俊郎(医師・医学博士・作家)

1979年熊本生まれ。2004年東京大学医学部医学科卒業。

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科(SDM) 特任教授。

「いのちを呼びさます場」として、湯治、芸術、音楽、物語、対話などが融合したwell-beingの場の研究と実践に関わる。西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修め、医療と芸術、福祉など、他分野と橋を架ける活動に従事している。

≪講演会≫

■とき 6月30日(日)13:00~14:30

■会場 冨士屋 一也百ホール 

■料金 一般 3,000円 学生 1,000円


●ご予約はこちら から 

または、090-5414-3370(和田) 

※予約開始:5月15日(水)


主催:株式会社おかみ丼々和田

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page