ご挨拶 -introduction-

百余年が経た明治の旅館建築――暖簾を下ろしてからは老朽化のため一時は取り壊そうと思いましたが、降幡廣信氏によって再生工事を施したことで、明治の建築当初の趣きが蘇り、次の百年に伝えるにふさわしい建物になりました。

「一也百」は 百余年経た建物をもう百年伝える再スタート、という気持ちを込めて名付けたものです。

お蔭様で再生して10年を迎えることができました。

昔と変わらずここにあることで、人の営みの記憶を繋ぎ、伝統と新たな才能と人とがいつも交わる場でありたいと思います。

これからも、湯のまちの歴史と文化を語る空間で寛いで親しんでいただきましたら幸いです。    

                                                          

一也百の愉しみ方

一也百ホール

天井が高く、明治の梁が印象的なホールです。響きがよく、ぬくもりのある木の残響が、クラシックや声楽のコンサートに最適。

定員80名(椅子席)

愉しい食卓 はなやももShop

食卓を素敵に彩る作家の作品を取り扱っています。

陶器・竹かご・木の器等

低温スチームジャムはこちらで販売中

ギャラリースペース

ギャラリー展示 35m2

Cafe

1Fのロビーはカフェスペースです。お庭を見ながらゆっくりした時間をお過ごしください

Origenal Coffee 500円

Tea、Herb Tea など   

Cake set       700円

 

明治の和室1,2

明治から変わらない当時特室だった和室です。天井板や細部にわたる意匠に明治の棟梁のセンスの良さが伺えます。

 

© 2015 copylight by fujiya-hanayamomo